Message

小説『稀代の本屋 蔦屋重三郎』発刊!  版元は草思社。 浮世絵では天才歌麿を磨き、怪物写楽を生みだし、 黄表紙なら京伝や春町らでヒット作を連発! 江戸の町をひっくり返したとてつもない本屋・蔦屋重三郎。 吉原に生まれ育った、稀代のベストセラー仕掛人を軸に、江戸時代を代表する戯作者、絵師が躍動します。

Slide 1

New Books

新刊書の情報はこちらをチェックしてください。雑誌、ネットマガジンなどの掲載記事もお知らせします。そして、私が取材対象となった記事もプラスしました。

Essay & Column

増田晶文が大好きなこと、感動したこと、興味をもったこと、ときには青筋たてたこと……人生や日常、CD&レコード、映画、日本酒、食べ物、ウエイトトレ、ケッタイなお話などなど、よしなし事を書き綴ります。

Works

これまでに手掛けた単行本の執筆時のエピソード、それから自らによる解説(これを想い入れともいう……)、取材で出会ったステキな皆さんなどをご紹介します。

Profile

私の公式は「y=a(c)87」←「ワイはエエカッコしいやな」。ロックとブルーズ、日本酒を偏愛する男。ネコとまた同居できるとしたら、オシキャットかベンガルがいいな。筋肉を鍛錬して29年目に突入、体脂肪率5.6%(2015年10月8日現在)。

作家・増田晶文のホームページへようこそ。 晶文は「まさふみ」と読みますが、「あきふみ」と誤読されたり「昌文」と誤記されることもしばしば――。 ホームページでは、友人たちが呼んでくれる「ショーブン/showbun」をフューチャーしました。 ただ、ネットで本を買うときは「増田晶文」でご注文ください、お間違えなく。念のため。